医師の転職に関するデータ

bsE146_mikomihanaine

医師が転職をする際に考えておくべきことについて書いています。

医師が転職をする際には、転職をする先の病院がどういったものか詳しくリサーチする必要があります。転職をして今よりも悪条件だったり、良くない労働環境であると転職をする意味もありません。
果たして良い病院とは何なのか? それは地域の住民から親しまれている病院であり、患者や、そしてそこで働いている医師・看護師等のスタッフが居心地が良いと思う病院でしょう。医師の転職に関する情報として、信頼できる病院のランキングというものが統計データとして存在しますので、それを参考に転職活動をしていくのも良いかもしれません。また良い病院・医療というものは数値データだけではなく、経験的に医者にとって働きやすい病院こそ良い病院である、という認識もあります。数値データや口コミによる客観的な情報の他にも、もしスポット案件等でその病院に非常勤として入る機会があったら、実体験的にその職場を見てみることも大切です。
あまり良くない病院だとトラブルがよく発生しています。緊急患者がたらい回しになっていたり、データを改ざんしていたり、汚職が発覚したり、そのような事実が過去のデータであってもあるような場合は注意する必要があります。そういった病院の体制や雰囲気というものは数年でガラリと変わるものではありません。そのようなトラブル・事件のあった病院を希望するのであれば特によくリサーチをして判断する必要があります。

医師は転職をする際に、現職場を退局するタイミングについてよく考えておく必要があります。退局をするきっかけとしては、例えば専門医の資格を取得した時や、医学博士の資格を取得した時、研修プログラムを終了した時が主なきっかけのようです。その他にも過酷な労働環境から解放されたい、家族や自分のキャリアプランを考えた時や年齢のこと等を考えて転職をしていきます。

このような希望を叶えるためには、医師個人での転職活動というものは非常に負担が大きい上に失敗のリスクが大いにあると言っても良いでしょう。医師が転職をする方法としては7割近くがコネクションによるものです。知人を通じての方がその親交の関係からメンツを立てて悪条件での契約はしづらいですし、転職した後もその人を通じて連絡を取り合ったり、他の転職希望者が出た場合にもスムーズに進めやすいといったメリットがあります。しかし必ずしも自分の希望する職場に転職できるとも限りませんので、近年では医師転職サイトを利用して自分で直接案件を探すような医師も増えてきています。医師転職サイトはコンサルタントが常駐しているので、自分が希望する条件について細かく聞いてそれに見合う案件を探してきてくれます。医師の転職は多様化しており、今後も変化していくことでしょう。

最近は医師であってもよくテレビに出る人が増えてきましたね。クイズ番組でも頭のいい医師がゲストで呼ばれたり、テレビ的に面白いキャラクターや魅力的な医師であれば呼ばれる可能性が増えてきています。今レギュラー番組に出演していたり、よくテレビに出てくる医師たちはしっかりとタレントとしての自覚を持って、ボイストレーニングなどテレビで映えるように準備してきています。もし将来そういったテレビ出演をしたいと考えていたら、あらかじめ声優専門学校などでプロの講師のもと発声練習やしゃべり方の指導を受けておくと良いでしょう。

医師の方でもふとしたきっかけから金融事故を起こしてしまうこともあるかもしれません。
金融事故を起こしてしまうと、銀行や大手消費者金融からの融資を受けることができなくなり、家や車のローンも組むことができなくなります。
生活の制約がものすごく増えるので生きづらくなりますが、ブラックキャッシングというキャッシングを使えばブラック認定をされても融資を受けることが可能です。
ブラックキャッシングは中小企業が独自の基準で審査を行っていますので、誰でにもお金を借りるチャンスがあるということを認識しておくと良いでしょう。

ブラックキャッシングなら独自の審査でお金を借りれる